まさか これ程とは・・・ 湾奥シーバス釣行記 | SAGE愛好会の撃沈する日々4 ブログパーツUL5

SAGE愛好会の撃沈する日々4

フライはもちろん楽しい
ルアーも楽しい
地元でのかんたん小物釣りも楽しい
最近、色々な釣りが楽しくてしょうがないですね〜
<< 連続投稿! ニューランディングネット嫁入り | TOP | 新しい事を始める楽しみ >>
「シャロムプチ秋祭り」その模様はここをクリック
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
まさか これ程とは・・・ 湾奥シーバス釣行記
JUGEMテーマ:シーバス


 今日は、仕事を有給休暇を頂き、
シーズンが終わろうとしているシーバスにトライするために
出撃してきました



朝焼けがきれいだったな〜
 向かった先は東京湾マリーナ
ここに停舶しているボートで出撃するというワケ
我が人生初のチャーターシーバス
頼んだ先は

「WITH」さん


暗くて分かりずらいですが、
こんなタイプのボートでの出船






















AM4時出船
8時上がりの4時間釣行
初めて明るい中でシーバスが釣れる可能性が高いので
メチャ楽しみでした


まだ暗い中出船し、最初の橋脚ポイント
今回はボート用に新調したニューロッドを使用
そして、ラインもシステムをちゃんと組んでの初トライ

PEラインとショックリーダーの結びが慣れていなかったので
フライで言うティペットのように
PEの先、同じ強さでショックリーダーを二つ
フロロとナイロンを結びました

これが大失敗
ニューロッドはガイドが小さく
結び目が引っ掛かること引っ掛かること

このまま振り続けてたら
ロッドが破損する!!と思いました。

そして、タラシを長くしてキャストしたら
ボートにルアーが「ガン!!」
<キャプテン、ごめんなさい

そして、慣れないボート
キャストもまともに出来ない状況でした

最初の橋脚はノーバイト
「だっ大丈夫かなぁ・・・」

正直ちょっと不安でした



二箇所目に移動
(まだ暗い中での移動でしたので、この写真は参考です)

「さぁやって下さい〜」
とキャプテンの発声と共に
第二のショックリーダーをカットし
全体を短くしました

これでキャストは一安心
結び目が引っ掛かることなく釣りに集中できました

目の前はボイルの
まさに大雨の水面の如くボイルしまくってます!!

投げて一投目
「ゴン!」

30センチチョィのセイゴサイズ

でも、メッチャ嬉しかったので、ニコパチを頼もうとしても
キャプテンは知らん顔・・・

小生「ま、いいや」
と釣り再開

(これは、この程度のサイズはいくらでも釣れるという
キャプテンの経験からで、まさにその通りの結果でした)


その後もほぼ一投1バイト
正に入れ食いです

そうして、やっと写真サイズをゲット

フッコサイズですが何か?
















良いんです。
小生が嬉しかったのですから

それでね



この子はキープ
今晩のおかずにさせていただきました

ボイスが遠のいたので隣のポイントへ

そこでもバカスカ・・・

ホント幸せでした。

途中、ロクマルクラスを掛けるもフックアウト
次回の宿題と相成りました

それにしてもボートシーバス
本当に沢山釣れます

陸っぱりで必死になって、一晩掛けて1バイト
こんな釣りが馬鹿馬鹿しくなっちゃいますね
(ま、それはそれでとても楽しいのですがね)

こうして楽しい時間はあっという間

上がりの時間となりまして、
数はとてもじゃないですが数え切れませんでした

中でも印象的だったのが、
落ちていくルアーにシーバスが下から襲い掛かってくるシーン

まさしく、一つのフライに同じプールから
イワナが複数襲い掛かってくる
そんなイメージ
(もちろんスピードは段違いですけどね)

そして、色々な初歩的テクニックを教わり、
それをすぐ実践し結果として試すことが出来る
とっても勉強になりました




仕事で良く来ていたコンテナヤードを
会場から眺めるのもまた新鮮な感動



離着陸する飛行機を下から眺める楽しみ



こんな風景も東京湾ならでは?

そして・・・




今回はちょっとだけ獲物を頂きました

まだ東京湾に残っていたサバ
これはサバ味噌

シーバスはムニエルで

美味しかった〜

そして、帰りの車中で小生思いました
「これだけのシーバスがいるのも凄いけど、
それを育む小魚たちがいる東京湾って物凄い海なんだな…」ってね

年内にもう一度行きたいな〜






21:31 | シーバス苦闘の日記 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
21:31 | - | - | - | pookmark
コメント
凄い釣果ですね(^-^)

ボートシーバスは厳しい話を良く聞きますが、正にパラダイスの様な釣りですね(^-^)

フライで鍛えた技術の賜物ですね(^-^)
2013/12/06 10:45 PM by ハルノ オガワ
ん?
フライでは無かったんだ・・・
ボイルしていたならまず釣れたのに
引き味は、渓魚の非じゃないですよ
次回は是非!
2013/12/07 1:02 PM by メタボおやじ
ハルノオガワさん 
ボート!
メチャメチャ釣れます!!

高い料金を払って行く気持ちが
よ~く分かりましたよ

フライフィッシングに通じるテクも
ありますからね。
次回の宿題の一つです
2013/12/09 7:41 AM by SAGE愛好会
メタボおやじさん
今回は乗り合いで同乗者が
初見の方でしたので、ルアーオンリーでした。

ボイルはフライフィッシングでも充分
射程距離圏内でしたので、
悔やまれますね。
セイゴ、フッコクラスを6番で掛けたら
最高でしょうね!
2013/12/09 7:45 AM by SAGE愛好会
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
人気ブログランキングへ

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--