極細ティペット | SAGE愛好会の撃沈する日々4 ブログパーツUL5

SAGE愛好会の撃沈する日々4

フライはもちろん楽しい
ルアーも楽しい
地元でのかんたん小物釣りも楽しい
最近、色々な釣りが楽しくてしょうがないですね〜
<< シャロムの森 解禁前夜祭のお知らせ | TOP | ティペットの細さ その1 >>
「シャロムプチ秋祭り」その模様はここをクリック
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
極細ティペット
今年は、史上類を見ない暖冬とよく言われてますね。
雪の量から判断して、初夏のベストシーズンは、
昨年は2〜3週間ほど遅れてましたが、
今年は2〜3週間ほど早まりそうな予感がしております。
昨年は、東北方面、ベストシーズンに入る頃には、
梅雨に入っちゃってましたものね。
小生が好きな南会津方面は、5月の連休明けから
ベストシーズンに突入しそうですよね。

さて、今回のお題、暫く御無沙汰の久々アップでございますが、
「極細ティペット」についてです。
極細ティペット

遡る事2年前
ティペットの太さにあまり関心がなかったこの頃。
何かで見たビデオの講釈通り、
10〜12番のフライには4X
14〜16番には5X…
というような表がありまして、それを忠実に守っていた小生。
「キャストしずらくなる」という理由を付けて、
フラットな水面でも同じシステムでやってました。
実際は、ティペットの細さだけではなく、ロッドの性能や、ラインの番手。
それと、リーダーシステムも加味されるので、8xでも14番くらいなら
十二分にキャストできますけどね。

そりゃもう見切られる見切られる。
プールでは特に釣れるわけありませんわな。

その年の秋になって、
釣りビジョンの「Fun to Flyfishing」
にて、ティペットの細さの重要性を知り、
ここ数年は、ティペットをなるたけ細いものを使って
ティペットを目立たなくして、フライ単体として見させる理論
これでここ数年、まともな釣果に恵まれておりますです。
状況によるところも大きいかも知れませんがね見る
ティペットを細いものを使うようになって
今年で3年目です。

もっと言うと、ニンフにもティペットは細いものの方がよいと
いうのが、小生の持論です。(経験則ですが・・・)

そこで、極細ティペットとして、9、10xティペットを
対千曲対策で購入 ミッジ用として使うつもりです。

実をいうと、小生、9、10xをまともに使ったことありません。
ミッジングでさえ8xを使ってました。
それを、何で今年に限って使っているのか?

それは、昨年、9、10xティペットを水没させた経験があり、
年数経過と水没によるダメージを考えられるため、
新品に交換と相成りました

激戦区千曲の為に購入したこの2本
果たしてイケルのカナ〜
なんて一抹の不安も感じています。

イケルイケナイの前に、釣りに行けるのかな〜冷や汗
00:23 | フライフィッシング | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
00:23 | - | - | - | pookmark
コメント
実は、私「極太」ティペット派です。
釣り上がりの時は4Xが主体で、#20すら4Xにくっつけます(;^^A
さすがに、ライズ狙いでは細くしますが、それでもせいぜい6X・・・

「合わせ切れが怖いから」というのが理由の一つですが、やはり激戦区では必要でしょうね(導入を考えてみるかな・・・)

SAGE愛好会さんは「AKRON」なんですね!私は「MAXIMAブラウン」です。茶色がナチュラルなような気がして愛用していますが。
ティペットの色は釣果に影響するんですかね?
2007/02/22 2:28 AM by Kawatombo Ken
KAWATOMBO KENさん おはようございます。

「アワセ切れが怖い」
分かります!小生も「アワセ切れ症候群」
に数年悩まされましたから。
今でも時々発作出ますけど(笑)

小生が考えた対策は、ズバリ(言うわよ)
「結び方をしっかりと!」
これですね。
しっかり濡らして、締めこむときはゆっくりと
これだけで「アワセ切れ」は格段に減りました。リーダー〜ティペット、ティペット〜フライそ接続部の結びをきちんとやれば、
かなり切れる確率は減るはずですよ。
それでもダメなら、是非SAGE#000を!(笑)
一緒に「流し素麺倶楽部」作りましょうよ(爆)

20番に4xは強気な選択ですね。
アイに通すのも苦労しそうですね(^^)

ティペットのカラーは、全く関係ないことはないと思いますけど、これは佐藤成史さんが仰られていたのですが、「カラーよりも、水面に浮いた時の影を気をつけるべき」小生も同感です。シャロムでサイトをやる際は、ティペットを沈めるよう気を付けてますね。
佐藤さんのDVD「渓流のサイトフィッシング」で詳しく載ってますよ。
もしお持ちでなかったら、前夜祭にお持ちしましょうか?

今回のブログ、昨日飲んで帰って、半分寝ながらアップしていたので、文章が滅茶苦茶です。
加筆修正したので、お手数ですが、また一度
ご覧になってみてくださいませ。
2007/02/22 9:27 AM by SAGE愛好会
八Xが川上だと今はキホんになってます和尚の場合。昨日のカワハギはアベレージの釣果ですが三本ばりに三匹かけて二匹取りました。 貴方の行っている店はそんなに極細売れてる店なら良いけど???古すぎるのと保存の悪いのは駄目ですね。水没してもケアが良ければとりあえずなんといか使えルト思いますよ。ツールネックレスに付けているぶんのはやはり駄目になりますね紫外線は怖いですね。海の仕掛けも古いのは売り物でたまに駄目になっているのも有ります。船で合うおじいさん達は何度も大事に使っていますよ?渓流から来た人はハリス良く替えるからでかいの取るよとある船長に言われました。九も十も買ってはいるけど使わない和尚です。メーカーはバリバスとフルックスでたまにカエルの書いてあるやつです。バリバスは中間サイズも有るので便利です。おっとティペットも買わないと。
2007/02/22 10:13 AM by 和尚
はねたろうです。 どうもです。
はねたろうは、ティペットも当然VARIVASです。
一般的にVARIVASのティペットは強いといわれてますが、
同じ10Xでも他のより、太いみたいですね!
ただ、微妙な合わせとかがあるので、どうしても使いなれたVARIVASを
ティペットの接ぎ足しはだめといいますが、貧乏なので、接ぎ足ちゃいますね(笑)
2007/02/22 10:51 AM by
おしょうさん こんにちは
カワハギはご賞味しましたか?
日本酒でくい〜っと 最高の贅沢の一つですね。(釣り師の特権ってやつですね。)

川上はやはり8xですか。
あれだけフラット気味の流れですと
ティペットは細くなるのは必然ですよね。
最近のリーダー、ティペット袋はUVコート
がしてあるようですね。
紫外線攻撃からはある程度守ってくれることを
信じております。

小生はラニヤード派なのですが、ティペットは
バッグの中に閉まってますよ。
剥き出しですと、UV攻撃をまともに受けますものね。キャストしていて邪魔ですし。。。
細いティペットほど気を使わなきゃならないんでしょうね。

舟でも渓流から来たお客さんは、ハリスをマメに交換するからデカイの取る〜
とても興味深いですね。
大物を取る人、数を釣る人
そういった細かい所に気を使うことが
殿堂入りする入り口に立てるんでしょうね。
そうなると、「釣りは短期な人ほど〜」
に辿り付きますね。
2007/02/22 11:58 AM by SAGE愛好会
はねたろうさん こんにちは
やっぱりVARIVASですか!(^^)さすが岩井さんを師事されているだけありますね。

小生も、3年前まではVARIVASでした。
2年前位ですか?アクロンが今のパッケージになったの?それからはアクロン派ですね。
VARIVASとの差は正直?なんですが、
ミスティーだとか、ソフトだとか色々種類があったので、「なんか良さそう」的な発想でアクロンになってます。

ただ、使用するのに佐藤さんのDVD「渓流のサイトフィッシング」にて「ティペットをよ〜く伸ばしてから」の教えは守ってます。

VARIVASもパッケージカッコイイですよね。
リーダーははねたろうさん同様「フラットバット」ですよ。
これから池袋で7、8xのティペットを買いに行ってきます〜(仕事中ですが・・)
2007/02/22 12:06 PM by SAGE愛好会
始めましてSAGE愛好会さん。
当ブログを訪れてくださってありがとうございます。私は餌専門なんですが、ちょこちょこFFに興味を持ちつつあります。でも我が家大蔵省の権限が強くて..............。
それでもFFメインの方とも知り合えており、SAGE愛好会さんで三人目。益々、引かれていきそうです。岩手繋がりもあるようなので、今後も宜しくお願いいたします。
2007/02/22 1:51 PM by try
tryさん こんばんは
フライフィッシング楽しいですよ〜
友人の一人に、昔渓流のエサ師だったひといます。
その人は、昨年FFデビューを果たしましたが、エサ釣り経験が長かったせいか、
渓流のアプローチの仕方は熟知しているので、すぐに1匹釣りました。
tryさんもエサ経験がおありでしたら、
すぐ魚は釣れるようになると思いますよ。

エサとは違うFFの世界。
エサも中々奥深い世界と思いますが、
FFもかなり深いですよ。
一旦ハマルと、ズブズブと底なし沼に…
エサと相通じるところがかなりあると思いますので、是非FFの世界の門を叩いてみては・・・
イーハトーブ釣具店は、盛岡にしては
抜群の品揃えと思いますよ。
早速リンクさせてもらいますね
2007/02/22 10:59 PM by SAGE愛好会
こんばんは。
たけちんはノーマルなのかなぁ?最近は、#14-18だと6Xか7Xですね。渓流だSAGE愛好会さんと同じく MISTY使っていますね。

結びに関しては、SAGE愛好会さんの意見に大賛成。リーダー・ティペットまたはティペット・フライ結合部でのあわせ切れのほとんどは、(キズなどを除けば)結び方のように思います。今は必ず唾で湿らせてゆっくりしっかり結んでます。もちろん、結合前にティペットをしごくことは忘れません(笑
2007/02/23 1:16 AM by たけちん
たけちんさん おはようございます
小生のティペット選択は同じですよ。
あとは、透明度とか、流れの状態によって
選択しますね。
たとえばシャロムなんかでは、水深が浅く、
流れも緩やかで透明度はスーパークリアなので
ドライで8xメイン、ニンフだと7xがメインになります。
・・・このネタは、次回のブログにアップしようかと思ってますが。

結び方ってホント重要ですよね。
ライズを前に焦って結んだ時とか、
通常でも、「あれ?ひょとして・・・」
なんて予感がしたときは大抵アワセ切れを
やっちゃいますよね
シャロムのようなタイプでは、
ティペットをよく伸ばすのはとても重要だと思います。

前夜祭は管理人さんと打ち合わせしていますよ。色々ビックリメニューも考えてます。
是非ご参加くださいね。
2007/02/23 9:05 AM by SAGE愛好会
旦那結び方は重要ですが????*井さんは何釣るにも同じ結び方ですよ???慣れるのが大事でいつでも同じ強度を作れるかですよね?合わせ切れは忍野で力一杯力み合わせを良くやっちゃいます。平常心ですか釣りにはどの釣りも???フライを巻くのにもシャドーボクシングならぬシャドータイイングをしてた事も有ります。 エアータイイングかな?外科医がやはり似た様な事すると聞きました。小さいの巻く前には少し大きめの同じパターン巻いてから小さいのつくります。安いライン買って仕掛け作る練習もしてます。旦那達もプロ野球並みに練習するといいかも。揺れて波被る船の上でも針結べるようになりますから。  そうそう旦那セージ的ティペツとてすとメーカー別とかでやってほしいね???結び方もきになりますが      
2007/02/23 11:23 AM by 和尚
和尚さん こんにちは
結び方と言いましたが、何とかノットとかっていう結び方は同じですが、
テンションの掛け方とかの事を言ってました。
説明不足ですね・・・
締めこむ際を、表現すると、「キュ」じゃなく
「ジワ〜」ですよ

シャドータイイングですか
「白い巨塔」で財前教授がやってましたね。
シャドーオペ。
小生、あまり深く考えるタイプではないので、
新しいパターンも、見ながら「こんな感じかな〜」って巻いてしまいます。
新しい電化製品とかも、説明書を読む前に
イジッちゃうタイプなんですよね〜小生は

最初大きいフックから入るのは、小生も同じです。

SAGE愛好会的メーカー別ティペットインプレッションですか〜難しいな〜
何かいいアイデア浮かんだら試してガッテン!

2007/02/23 12:11 PM by SAGE愛好会
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sageflymaster.jugem.jp/trackback/104
トラックバック
人気ブログランキングへ

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--